非正規社員ばかりで借金地獄になる人が増えている!

昔の会社と言えば、正社員の割合が多く、アルバイトやパートなどで働く人はほとんどいませんでした。
ところが今は、社員とアルバイトやパートの割合が逆転してしまい、正社員はほんの一握りとなってしまいました。

会社は少しでも人件費などのコストを抑える為に正社員を減らして、アルバイトやパートを雇用するようになったのです。
この事は会社側にとってはメリットとなっても、労働者側にはデメリットにしかなりません。

パートやアルバイトだと、毎月決まった額の収入を得る事が出来ませんから、経済的にとても不安定な立場となってしまいます。
ですから突発的に病気になって働けなくなった時などは、収入が一気に減ってしまい、生活費にすら困る事になってしまいます。

それでやむを得ず、借金に手を出すしかなくなるのです。
今現在パートやアルバイトなどの非正規雇用で働く人の割合が多くなっています。
それが借金地獄の人を増やしていると言っても過言ではありません。

参考:借金地獄の人の死にたい体験談

非正規雇用の人は収入が安定しません。
お金を借りると返済が容易にはできませんから、借金地獄に陥ってしまう恐れが高いのです。

このまま企業が正社員を増やさないと、借金地獄で困る人が増えて行ってしまいます。
企業は正社員を増やす努力をしてほしいと思います。

work_outlinePosted in 家計