東京都稲城市、クレープリーカフェ・ロスアードでフランスの休日

東京都稲城市の閑静な住宅街の中、ひっそりと佇むおしゃれなカフェが、カレープリーカフェ・ロスアードです。
2017年にオープンしたお店は、開店当初から地元住民の憩いのカフェとなりました。

ロスアードは京王線の稲城駅から徒歩十分、住宅街の階段を上るとそこには異国情緒あふれるおしゃれな空間が広がります。

フランス・ブルターニュ地方の郷土料理を扱うカフェですが、ロスアード名物は地元・稲城市のそば粉を使ったガレット。
蕎麦の香り豊かな日本人好みのガレットになっています。

ガレットやクレープはメニューが豊富なのもロスアードの特徴。
筆者のオススメクレープは、ルガール・キャラメル750円。

日本未発売のフランス産バター「ルーガールバター」を使用した塩キャラメルソースのクレープ。
繊細で上品なクレープ生地、甘すぎないキャラメルソースはバニラアイスとの相性が抜群です。

ロスアードのランチタイムには、お食事のガレットとデザートのクレープ、ドリンクがセットになったお得なメニューがあり、なんといっても9のつく日限定のクレープビュッフェは全国のクレープ好きさん注目のイベントです!

店名:カフェ・ロスアード Cafe ROSSARD
住所:東京都稲城市百村525フロムS 1F
電話:042-379-9674
HP:http://rossard.jp/