関内で人気の老舗スペイン料理を堪能できるカサ・デ・フジモリ

関内にある1970年創業の老舗スペイン料理店、カサ・デ・フジモリ。

カサ・デ・フジモリの場所は、JR根岸線関内駅から徒歩5分ほど、ベイスターズ通りを北に進んでいくとあります。
外観は白壁がレンガような作りで囲まれており、入り口のドアの両サイドにはランプがあるのが目印です。

お店の中に入ると、オレンジがかった照明で木の温もりを感じられ、お洒落なアンテークが数多くありました。
カサ・デ・フジモリ店内は思っていたより、奥行きがあり広々としているのでゆったり過ごせる印象です。

ランチの時間帯に訪問して、私は牛のシチューを選びました。
可愛いお皿に盛り付けされた牛のシチューは男性でもお腹が満たされるほどのボリューム感。

そして、ナイフを使わなくてもホロホロを崩れてしまうほど、とても柔らかいお肉です。
コクと深みのある味で最後まで美味しく頂きました。

パンとスープとサラダとドリンクが付いて1,600円ほど。
本格スペイン料理を堪能できて、コスパ抜群です。

その他、ランチでは1,000円以内のメニューもありました。
知る人ぞ知る実力派のスペイン料理店なので、平日ランチの時間帯も混雑していることがあるそうです。
来店は予約をした方が賢明だと思います。

カサ・デ・フジモリのスタッフさんは、お店の雰囲気に合った柔らかいお人柄の方が多く、接客も含めてオススメのお店です。

店名:カサ・デ・フジモリ
住所:神奈川県横浜市中区相生町1-25
電話:050-5597-7539

work_outlinePosted in 洋食