酒と和惣菜 らしく、つくば駅直結のメニュー豊富な居酒屋

つくば駅直結のショッピングセンター、キュート3階のレストランフロアにある居酒屋さんです。
酒と和惣菜らしく店内は、カウンター席とテーブル席の他に個室も用意されています。

居酒屋ですが、11時から営業しており、ランチもしています。
あまり席数が多くないこともあり、特に金曜の夜などは混雑しており、予約せずに行くとカウンター席しか空いていないことがほとんどです。

酒と和惣菜らしくのメニューは和食中心で、産地直送のお刺身がとてもおいしいお店です。
いつもあるメニューの他に、その時のおすすめメニューも豊富です。

和食中心ではありますが、生ハムやチーズの盛り合わせなどのメニューもあります。
コースメニューもありますが、メニューが豊富なので少人数であれば気になる料理をいくつか頼んでシェアして食べるのがおすすめです。

お酒の種類も豊富で、酒と和惣菜らしくは特に日本酒の種類が多く、数種類の利き酒セットが1000円からあります。

日本酒以外にもサワーやウイスキーなどもあるので、日本酒が苦手な人でも問題ありません。
他のお店ではあまり見かけないお酒もあるので、お酒の好きな人にお勧めできるお店です。

酒と和惣菜らしく店員さんは若い人が多く、メニューについて質問しても親切に教えてくれます。
駅直結でアクセスもいいので、仕事帰りにちょっと飲むのに最適なお店です。

店名:酒と和惣菜らしく
住所:茨城県つくば市吾妻1-6-1 つくばクレオスクエア Qt 3F
電話:029-853-7570

work_outlinePosted in 酒場

大黒堂、高知市にある新鮮な魚の刺身が最高に美味しい居酒屋

店名:大黒堂
住所:高知市はりまや町1-7-5
電話:088-875-4139

高知県高知市にある商店街の近くに有る大黒堂は、高知県人だったら一回はいったことがある店として誰もが知っています。
店としては、かなり古いですが味がいいので今までも高知県民に愛されているのです。

その大黒堂は、見た目はとても古風です。
店の外観が古風でも、中に入るとそんなことはないという店が多いですね。

ところが大黒堂の場合は、そんなことはなくしっとりとした古風な昔懐かし店内となっているので、その点でもリラックス出来るくつろぎ空間として人気があります。
個室もあり、掘りごたつとなっている感じなので、足を伸ばすことができます。
お年寄りも足を痛めることなく座れるのは嬉しいですね。

そしてグルメとしては、なんといっても新鮮な魚があります。
魚の盛り合わせが一番の大黒堂おすすめです。

これはいろいろな高知でとれた魚屋そのほかのよりすぐりの魚をたくさん盛り付けたものとなっています。
新鮮さが違うので、やっぱり高知の魚が一番と思わせる絶品さがあります。

そしてもう一つ、大黒堂で食べて欲しいのは、やっぱりかつおです。
塩たたきも絶品です。
これは新鮮なかつおだから味わえる味です。

work_outlinePosted in 酒場

あんだぁ亭、大阪府寝屋川市にある絶品ローストポークの居酒屋

店名:あんだぁ亭
住所:大阪府寝屋川市香里南之町30-1
電話:072-813-9663

まず、あんだぁ亭のおすすめは、なんといってもランチタイムにやっているローストポークランチです。
厚みのあるローストポークが8枚も付いてるセット。

内容としてはメインのローストポークにサラダ、ポテトサラダ、スープそしてご飯、コーヒor紅茶付。
ご飯はお変わり自由という嬉しい特典。

あんだぁ亭のローストポークは 特製のタレ・岩塩・ポン酢、マスタードの4種の調味料で自分の好みに合った食べ方が出来ます。
ローストポークの味は絶品でランチタイムにくる大半のお客さんがこちらのメニューを頼まれるそうです。

ローストポークだけでもデーパートで買うと「え?これだけで1000円近くするの?」って思えるような絶品の仕上がりなのにこちらのセット価格がなんと910円(税込み)という驚きの価格です。
かなりコストパフォーマンスが高い内容になっています。

あんだぁ亭の店内は、入って右手に6人掛けのテーブルがあり、あとは正面にカウンターが広がっています。
人数的にはそこまで多くは入らないので落ち着いて食事が出来ると思います。
あんだぁ亭の接客に関しては、マスターの人柄がとても良くて優しく接してくれます。

夜はワインをメインとした飲み所として営業しています。
ワインの種類も豊富なので、ワイン好きなら夜の店を楽しむのもありだと思います。

もちろんローストポークは、夜でも出ますので。
ちなみに、あんだぁ亭は持ち帰りも可能なので、お土産に買ってもいいですよね。

work_outlinePosted in 酒場

居酒屋いっぽん氣、山形県東根市の飲み放題メニューがおすすめのお店

店名:居酒屋いっぽん氣
住所:山形県東根市一本木1丁目5-19
電話:0237-43-2454

いっぽん氣は山形県東根市の旧国道13号線沿いにある居酒屋です。
おすすめは飲み放題コース3500円です。
3時間の飲み放題になっています。

このメニューのおすすめ理由は、飲み放題の時間が長いことだけでなく、料理のボリュームが凄いことです。
サラダ、揚げ物、鍋など食べきれないほどの量が運ばれてきます。
飲み物のメニューも豊富です。
それでいてこの値段は大変お得です。

居酒屋いっぽん氣の店員さんも長年勤めている方が多く、接客も慣れています。
気持ちよく飲み食いすることができます。
写真撮影時のカメラマン役なども快く応じてくれます。

いっぽん氣の営業時間は、日曜日から木曜日までが17:30から25:00
金曜日と土曜日は17:30から26:00までになっています。
定休日は月曜日です。

いっぽん氣の座席は、テーブル席や個室があり50名ほど入れる他に、2階が大きな座敷になっていて80名ほど入れます。
週末は混み合う人気店です。
年末年始やお盆など飲み会シーズンにはさらに混み合うのでその期間は予約は必須です。

いっぽん氣の駐車場は、数十台は停められる広々したスペースがあります。
第2駐車場もあるので安心です。

いっぽん氣の支払いは、現金のみとなっています。

work_outlinePosted in 酒場

ガルーバ、栄のディナーデートに神秘的な雰囲気のレストラン

ガルーバの概要

店名:Garuva(ガルーバ)
住所:愛知県名古屋市中区栄3-22-4
電話:052-251-6155

ガルーバは、矢場町駅から徒歩10分のところにある神秘的な雰囲気のレストランバーです。
店内は真っ暗な中にフットライトがあるのみで、テーブルごとにアジアンテイストな蚊帳仕切られています。

ガルーバの接客の様子

まず入り口から入ると占い師ような格好をした、いかにも女亭主といったような方がお店の説明をしてくれます。
奥には鋼鉄の扉があり、その先は同じく少し変わった衣装の店員さんが1人ついて、席まで案内してくれます。

席で店員さんを呼ぶときは、木製の風鈴みたいなものを鳴らして呼びます。
小さな鈴のような音がするところもあったので、席によって違うのだと思います。

ガルーバのおすすめ料理/h2>
①勝ち気なペスカトーレ
魚介がたっぷり入ったパスタです。
もちろん麺もモチモチしていて美味しかったですが、魚介の味が染み込んだスープ特に美味しかったです。
量は少し少なめでした。

②本当のシンデレラ
オレンジをベースとしたジュースにいくつかのフルーツをミックスした飲み物です。
ガラスの靴の形をした容器が、ビー玉やアクセサリーで彩られていて、ろうそくの灯があたってたとても綺麗でした。

work_outlinePosted in 酒場

小島商店、中洲エリアの屋台ではレベル高めのオムレツ

店名:小島商店 feat シラチャンラーメン
住所:福岡県福岡市博多区中洲1-8
電話:090-9575-1200

THE中洲の那珂川沿いの屋台エリアにあります。黄色×赤の「小島商店」と書いてある看板が目印です。ちょっと店名が寒いのは気にしな~い。
雰囲気だけを味わう中洲屋台と言われがちですが、小島商店は中洲のわりにメニューも多い方だと思います。

女性が好みそうなメンタイオムレツ(700円)はふわふわのオムレツの上に明太子、マヨネーズ、ネギがトッピングされていてとてもオシャレなメンタイオムレツです。

おつまみ博多代表の手羽めんたい(300円)めんたいいわし(500円)があるのも嬉しいですね~。
手羽めんたいは、鶏の手羽先の中に明太子がつまったもの、めんたいいわしはいわしの腹に明太子がつまったものでそれぞれ焼くだけでものすごく美味しくておかずにもおつまみにもいいんです。

屋台のラーメンは麺柔らかめというのはありがちな話で、たまにそういうラーメンに遭遇します。
小島商店の白ちゃんラーメン(700円)も然り。
屋台ならではの仕方ない事情があるのでしょうか。
小島商店のスープは抜群に美味しいしチャーシューも好きな感じなので少しもったいないかな・・・

小島商店は、炭火焼き系も美味しいです。
ぷ~んといい匂いが直にしてくるのもいい。
風が強い日など焼けるまでなかなかの時間がかかることもありますが、それも屋台の風情。
豚バラと地鶏の炭火焼きがありますよ。

work_outlinePosted in 酒場

博多ほたる 西中洲本店で名物藁焼きを堪能

店名:博多ほたる 西中洲本店
住所:福岡県福岡市中央区西中洲5-9
電話:092-732-3277

博多ほたるのお名前はよく聞いていました。
西中洲は名店揃いですが、ちょっと足を運ばずにいるともうお店が変わっているということも多い激戦区でもあります。

博多ほたるは、銀座や麻布十番、六本木にも出店されているのだそうです。
場所は国体道路から一本入ったところで、家紋のような暖簾が目印です。

博多ほたるの一階は、カウンター席とテーブル席、二階はテーブル席とお座敷があります。
一見高級鉄板焼を思わせるカウンター席が人気だと聞いていたのですがこの日は座ることができず・・・

なんでも博多ほたるの名物は藁焼き。
あの高級鉄板焼を思わせるカウンターにあったのは藁焼き専用の焼き台だったようで向こうに炎が上がっているのが見えます。
なるほど、これは人気なはずやね。

今回は無難にコースを予約していましたが、お通しだった茶碗蒸しから絶品でしたね。
新鮮なお造りは、長浜から仕入れているそうで、久しぶりに美味しい鯖のお造りをいただきました。
これ、博多ほたるの銀座店では出せないだろうなぁ。

藁焼きは初めていただきましたが、藁焼きならではの香りが食欲を刺激します。
素材の旨みを引き出していて美味しかったです。

マグロのレアカツも美味しかったけれど、一番印象に残ったのは土鍋ご飯かもしれません。
いくらなど入っていて色鮮やかでビジュアルも良く、もちろん味もいい。
土鍋ご飯は土鍋ごといっちゃいたいくらい好きな味でした。

東京の博多ほたるにもお邪魔してみようかな。

work_outlinePosted in 酒場